デリヘル嬢を呼ぶならスタート?ラスト?/デリヘル呼び方徹底サーチ!自宅・ホテルの活用術

デリヘル呼び方徹底サーチ!自宅・ホテルの活用術は、自宅やホテルなどにデリヘルを呼ぶ際の呼び方・遊び方本格バイブル。デリヘル嬢を呼ぶならスタート?ラスト?

デリヘル呼び方徹底サーチ!自宅・ホテルの活用術 サイトマップ

デリヘル嬢を呼ぶならスタート?ラスト?

あなたはもしオキニのデリヘル嬢を呼ぶとしたら、デリヘル嬢が出勤してすぐの時間と、デリヘル嬢の勤務終わりの時間、どちらを選びますか?そんなの考えたこともなかった・・・という男性も多いかも知れませんね。

遊び慣れた男性の中には、デリヘル嬢を呼ぶタイミングにこだわりがある人もいます。なぜこだわるか、それはメリットがあるからです。スタートとラスト、どちらのほうがあなたに向いている遊び方でしょうか。

デリヘル嬢を呼ぶタイミングで何が違う?

デリヘルに限らず風俗では、その日の出勤最初の仕事を「口開け」と呼びます。反対に終わり際の仕事のことを「ラス枠」と言ったりします。

デリヘルは一般的に、仕事終わりだったり休みの日だったり、いずれも自分の時間が空いたときに呼ぶものだと思います。だからどちらかというとデリヘル嬢に合わせるのではなく、自分の都合がいい時に呼ぶというのが通常だと思います。

でも風俗遊びに慣れてくると、オキニ嬢ができたりもっと女の子と仲良くなりたいな〜という余裕が出てきます。そうなると、そのオキニ嬢はいつ予約が入ったほうが嬉しいかな?どの時間帯だと迷惑にならないかな?と相手の都合が気になり始めます。

確かにデリヘル嬢はお金をもらってサービスをする方の立場ですが、デリヘル嬢も普通の人であり女の子ですから、好感の持てる思いやりがある客のほうが好きに決まっています。

口開けが良いのかラス枠が良いのかはデリヘル嬢によって違うため見極める必要がありますが、デリヘル嬢の得意なタイミングを狙って呼んであげることで自然と覚えてもらえたり親密度が増したりとメリットがたくさんあります。

口開け派・ラス枠の派デリヘル嬢の意見

口開けとラス枠、まず客である自分にとってそれぞれどういうメリットがあるか見てみましょう。

口開けで呼ぶ最大のメリットは、まだどの男にも触れられていないオキニ嬢と遊ぶことができる点ですね。2番手3番手になってしまうと、すでに他の客の後ですから何となく特別感は薄くなります。また出勤直後であればあるほど、まだデリヘル嬢の体力は余っており元気な姿が見られるというのもあります。

そしてデリヘル嬢からすると、最初から予約が入っていると仕事があるということで安心する、という意見があります。

一方でラス枠は口開けのメリットで比較すると、何番手か分からないし嬢も疲れていそうだし・・・という感じですが、ラス枠最大のメリットは「その日の最後の記憶に残る」ことができるという点にあります。

現役風俗嬢に聞いてみると、例えば良客や常連にはラストにきてほしいという意見が多いようです。口開けは「仕事があるという安心感」を与えることができ、ラス枠は客が良客だった場合「いいお客さんで終われて良かった」というホッと一息を与えることができます。

デリヘル常連からすると2番手がオススメ

口開けでもラス枠でも、どの時間帯を選ぶかは客の自由なのですが、デリヘル嬢の本音として「口開けは避けてほしい」らしいですよ!

出勤早々仕事が入っているのを嬉しいと取るか、それともゆっくりスタートさせて〜と思うかですが、風俗嬢は後者のほうが多いみたいですね。会社員で言うなら、出勤早々会議が入ってバタバタ・・・といった感じでしょうか。

デリヘル嬢の体力や綺麗さをそこそこ保ちつつ、デリヘル嬢からの印象もいいのは「2番手」くらいだと思います。

とはいえ本当に2番手でなければいけないわけではなく、2番手になるくらいの時間に予約を入れるということです。出勤時間が12時からだとして14時くらいに予約を入れたとしても、その2時間客が入らなければ1番手になりますが、重要なのはデリヘル嬢に心の準備ができる時間を与えることです。

また口開けは一部デリヘル嬢に「よくこんな朝早くからエロイこと考えられるな・・・」と呆れられることもあるので、避けたほうが無難です。

反対にラス枠でも、もしデリヘル嬢から良客ではなく地雷客やあまり好きではない客として認識されてしまっている場合は逆効果になってしまいます。デリヘル嬢にどう思われてても大丈夫なのが2番手と言えるでしょう。

デリヘル・風俗嬢も参加!風俗なんでもQ&A掲示板

デリヘル嬢はどんな客が好き?どんなプレイが楽しい?デリヘル嬢はもちろん、風俗全般の女の子たちも参加する風俗専用Q&Aサイトが誕生しました。

今までなんとな〜く聞きづらかったこと、知りたかったことを気軽に質問してみましょう!