デリヘルを呼ぶ時はお金、貴重品の管理はどうするべき?/デリヘル呼び方徹底サーチ!自宅・ホテルの活用術

デリヘル呼び方徹底サーチ!自宅・ホテルの活用術は、自宅やホテルなどにデリヘルを呼ぶ際の呼び方・遊び方本格バイブル。デリヘルを呼ぶ時のお金、貴重品の管理方法をご紹介します。

デリヘル呼び方徹底サーチ!自宅・ホテルの活用術 サイトマップ

デリヘルを呼ぶ時はお金、貴重品の管理はどうするべき?

デリヘル、日本で一番需要が多く人気のある風俗スタイル。今日も今日とて、女性に餓えた男たちがデリヘルコールで女性キャストと卑猥タイム。さてそんな敷居の低いデリヘルですが、利用者である男性諸君も気を付けなければなりません。性病も勿論ですが、実はデリヘル嬢にお金や貴重品をすられるそんな事件も少なくないんです。

ここではそんなビックリの盗難事件に備えた貴重品管理についてお話していきたいと思います。

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

デリヘルは全然難しくない!詳しくはココから↓

最強!デリヘル呼び方マニュアル

お客ができる盗難対策を考察

ヤリ逃げされたと風俗嬢が泣き寝入りするパターンは少なくありませんが、逆に手癖の悪いキャストからお金を取られる場合も多く報告されています。ここではどのような対策ができるのか?を一緒に考えていきましょう。

1,まず余計なお金を持たないのが原則

デリヘルもしくはホテヘルを利用する場合、見ず知らずのお姉さんが自宅、ホテルのドアをノックするわけですから貴重品管理に気を配る必要があります。当たり前ですが、お財布には数千円程度のお金しか入れておかないのが一番の対策方法です。

金目になるものといえば、スマホやタブレットなどの電子端末、高級腕時計やブランド物などが挙げられますが、これらはお客にバレやすい事、そして足が付きやすいことからデリヘル嬢からすられる可能性は低く、狙われるのはやっぱり現金

その為お財布の中には諭吉は忍ばせず、それこそ取られても「まあ、勉強代になったな……」と諦めの付く1000〜3000円程度しかお金を入れておかないことを推奨いたします。

日本では海外風俗嬢のようなハードな盗難やクレカのスキミングなどはあまり報告されませんが、お金の盗難はよく聞く事例なので、極力余分なお金はデリヘル嬢がいる環境内に持ち込まないようにしましょう。

2,財布、バックをベタベタ触らない

???と思うかもしれません。ご自分の財布にバックなのだから触って何が悪い?
このベタベタ触らないが意味することは、仮に盗難事件が発生した場合、犯人の指紋を徹底的に採取する為に必要な事なんです。そこまで意識がいかないかもしれません。しかし数千円、または1万円程度のお金の紛失は、例えデリヘル嬢が盗んでいたとしても「忘れて自分が使ったんでしょう!」、「酔っ払いの言うことは当てにならない!」などと逆切れし逃げるのが常。

その為客観的な証拠になる指紋が女性の罪を立証するのに役立つ、ということを頭の片隅に入れておきましょう。

3,電子機器は端末を探すモードに

皆さんのスマホでも端末を探すモードがオンになっていることでしょう。実際スマホを盗まれることはそこまで多くはありませんが、いざという時の為にスマホのパスワードは簡単に突破されないもの、そして忘れずに「端末を探す」モードに設定されていることを確認しましょう。

このようにほぼほぼ盗まれる貴重品は現金なので、そもそも紙幣を持たないのが一番シンプルで簡単にできる管理方法になってきます。全てのデリヘル嬢に疑いの目を向けるのはどこか悲しい気分ですが、スッキリ抜いて気分よくデリヘルを利用する為には貴重品の管理には少しだけ気を配るようにしましょう。

盗まれるケースを検証してみた

実際にあった盗難ケースを例にデリヘル嬢による盗難事件簿の一幕を見てきたいと思います。こんなこと本当にあるもんなんですね……。

1,油断した隙を狙う鷲目女

風俗あるあるパターンですが、まさか自分がという思いが先行し、実際自分の脇が甘くなっていることが多いようです。つまりバックや財布などを放置したまま、シャワーやトイレに駆け込んでいる間の数十秒または数分間にサクッと被害にあってしまうということ。

Aさんの事例も1発発射後のトイレタイムに知らず知らずのうちに約5000円ほどすられてしまい、トイレ後の二回戦にうつつを抜かしているうちにセックルタイム終了。翌日朝起きた後に「あれっ、お金が少なくなってる!」と気づいたようです。

しかし若干酔っていたこともあり記憶も不明瞭。それでも腑に落ちないAさんはお店に連絡。派遣された女性キャストは何度も否定したものの、前科があったこともあり盗難の事実を自供。

ただ気持ちよくサービスを受けたこともあり、今回は大ごとにすることなく穏便に済ませる事にしたそうです。しかし実際はAさんのようにとんとん拍子で盗難の事実が立証されることは多くなく、大概「正確な盗難金額が分からない」、「酔っぱらっていて覚えていない」ことを盾に勘違いとして処理されることも少なくありません。

その為自分が泣き寝入りしない為にも、

  1. @泥酔状態でデリヘルを利用しない
  2. Aデリヘル利用前後で取り留めもない無駄使いをしない
  3. B所持しているお金の額を正確に把握

することを徹底するべきです。大げさかもしれませんが、いざという時にジタバタするのではなく、いかなる時も最善の対策をすることに越したことはないのですから。

ノマド風俗嬢に気を付けろ!

最後にまとめとして、こんな女性に気を付けるをテーマにデリヘル利用の注意点を解説していきたいと思います。

1,出稼ぎ女性は危ない

色々な女性が働いている風俗業界。バックグラウンドも様々ですが最近はより稼げるといわれる出稼ぎタイプのデリヘル嬢が増えています。

つまりは地方の風俗店に短期間働きにくるスタイルですね。基本彼女達は数週間スパンでお店、場所を変えるさすらいの旅人タイプなので、まず足が付きにくいこと!そしてお店バックレ率が通常と比べて高いことがリスク要因になってきます。

勿論出稼ぎ店舗でも身分証の提示は必須ですが、盗難したと同時にお店に無断で退店してしまうことも少なくありません。その為地方都市のデリヘルを利用する場合は、短期間のみ在籍の新人女性はなるべく指名しないようにしましょう。

何度もいうように全てのキャスト女性が盗人の卵ではありませんが、お店になかなか定着できないタイプは風俗界の問題児と見なされる場合も多くトラブルも多々見られるので、私達利用者が様々な可能性を考えてリスクを排除していくしかないのです。

その判断基準は明確ではないので難しいところですが、ぜひ今回のコラムを参考に不安を徹底排除してデリヘルを楽しんでいきましょう。

デリヘル・風俗嬢も参加!風俗なんでもQ&A掲示板

デリヘル嬢はどんな客が好き?どんなプレイが楽しい?デリヘル嬢はもちろん、風俗全般の女の子たちも参加する風俗専用Q&Aサイトが誕生しました。

今までなんとな〜く聞きづらかったこと、知りたかったことを気軽に質問してみましょう!